4TEEN

  • 2005.12.03 Saturday
  • 16:01
■"4TEEN" 石田衣良

昨日帰りにかった小説。
お出かけしようかどうしようかと考えつつ、
結局一気読みしてしまって夕方じゃん。

舞台は東京の月島。
14歳の中学生が、月島の街を自転車で走り回る。
自転車の物語じゃないけどね。笑

石田さんってのは、
池袋ウエストゲートパークの原作者だったのな。
知らんかった。

この本で直木賞取ったらしい。

そんな情報は知らないまま、昨日ブックファーストで
うろうろしてて、目に止まったんで買ったんだけど。

やばい。
これも泣ける。
泣けるポイントが3箇所ほどあった。

14歳っていう時期。
作者は、青春時代という時期を想定して書こうと最初に思ったとき
高校生の時代は、本ばかり読んで暗かったので
自分が一番楽しかった時代、中1でもなく、受験で忙しくなった中3でもない
中2という時期を舞台にしようって感覚だったらしい。

ワタシの14歳は、神戸だった。
正確には、中1の三学期に金沢から神戸に戻って
中2丸一年、長田に家があるのに、神戸の灘にマンションを借りて住んだ。
当時、今の実家の中学は荒れてたので、危ない(すぐに環境に影響される子だったので)といって、わざわざ別のところにしたらしい。

今でも仲の良い幼馴染?ともいえる友達は、その中学2年生のときの友達。
この小説を読んで思い出してみたけど、
ワタシの14歳は、どうだったんだろ。
客観的にも思い出せない。

ポロポロとは思い出はあるけど、
それは、友達の事であったり、クラスの事であったり
授業の風景であったり。

転校ばっかりしていた私は、昔から、人や物事の観察魔だった。
で、楽しかった事辛かった事は早く忘れてしまいたい人だった。
だって、また次はいつどこに行くかもわからず、
その土地で恋を本気でしたり、本気の友情とか味わうと
離れたくない、辛いつらい!!ってなるのが幼くして経験してしまったからかもしれない。

そういう自分の内面を思い出しているくらいで。
常に、過去はキレイに消す習慣がついた??

あんま、よくないな。笑
だから年中アルツはいってんのか。
それは関係ないか。

あれ?読書感想文じゃなくなってきた。

さて。何しよっかな。

「東京タワー」

  • 2005.11.14 Monday
  • 22:30
■「東京タワー」~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー


読もうとおもいつつ、なかなか時間なくって。

で、遅ればせながら、購入。

電車の中でちょこっと読み始めたんだけど、
この人、こんな文体だったのね。
と、意外な感じ。

結構、好きな感じっぽい。

29MANさんとか、読む場所を考えないと
泣きじゃくるとの感想もあったんで、
おうちでじっくり読みましょう。

マンゲツ

  • 2005.10.02 Sunday
  • 00:42
花村萬月 「紅色の夢」

萬月の作品は、ヤクザや排他的な女性が出てきたり、特殊な世界観
でグイグイ吸い込まれるような文体が多いんだけど、
この作品は違った。

主に男性が書く女性は、
やっぱり女性からしたら、「そりゃ男の思い込みだ」と
思えるような表現が多かったりするが
この人って、「なんでそんな女の裏が見えるんだ?」ってくらい
女性の表現がうまい。

で、この作品は、萬月が、まだ作家になるまえに
選考に残ったものだった短編を長編にしたものらしく
初期の萬月が、「こんなにも繊細」だったのかと深く感銘。

もともと、繊細なんだけどな、
これ、まぢで、グッと来た。

個人的にグッとくる場面があるんだけど、
入り込んで泣いたくらい。

女の私がうまく表現出来ない、自分の気持ちを
覗き見られた気分です。
やられた。

小説2冊

  • 2005.08.16 Tuesday
  • 23:09
仕事帰りに小説を2冊買った。

集英社の「ナツイチ」特集で

石田 衣良 「娼年」

石田衣良 「スローグッドバイ」

なんとなく、ぺらぺらとめくった感じで
読みやすそうで、ちょっと「病んだ」匂いのする本だなと。

とりあえず、「娼年」を読み始めた。

昔、高校時代には、
山田詠美や村上龍、そして大人の読む官能小説を
夏休み中読み漁ったもんです。

自分の経験していない「出来事」を
ドキドキしながら。

大人になってから読むとまた違った感覚になるもんですよね。

読書感想文が得意だった高校生当時、
先生に「あなたの選ぶ本はまだあなたには早すぎる」といわれ、
小学校時代に、神話大全集や、歴史系、科学モノ、
伝記などなど、読み漁って、今興味あるのは
「官能なのです」と言って「好きにしなさい」と呆れられた思い出が。笑


片岡義男の小説風に、「源氏物語」を現代版に置き換えた作品は
クラスの発表会で、友達には好評だったけど
先生は、苦虫を噛んだような苦笑をされた記憶が。笑

今思えば、
あの頃の私って、今よりも自分の主張があって、
何よりも、怖いものなし。
自分の考えは他人がどう思うとか関係ない。
無鉄砲で、自意識過剰で。

みんなそんな時期だったのかもしれないけど
「自分らしい」を一番意識していたときなのかな。

なんて、ノスタルジーになりつつ。

大人になった私は、読み進める文字をそのままダイレクトに
脳に吸収し、それをそのまま閉じ込めて、
「読書感想文」は書かず、ただの娯楽としての「読書」
「趣味はなんですか?」「読書です」程度のふるまいとしての時間を
楽しみたいってとこかな。



ひさびさに

  • 2005.06.21 Tuesday
  • 22:40
花村萬月「紫苑」

萬月の小説はなんかただの官能小説とは違って
憂いがあるのよな。

なんちゅか、切ないな。いろいろ。

まだまだ読破できてないけど、
萬月読みつくすまで、切ないのを感じまくろう。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

Apple iPod nano 第5世代 16GB ブラック MC062J/A 最新モデル
Apple iPod nano 第5世代 16GB ブラック MC062J/A 最新モデル (JUGEMレビュー »)

今はこれ。シルバーだけど。BDにもらった!

recommend

SHINY GEL シャイニージェル 36Wスターターキット【プレミアム36W UVランプ付】
SHINY GEL シャイニージェル 36Wスターターキット【プレミアム36W UVランプ付】 (JUGEMレビュー »)

このUVランプはタイマーついてて便利。今はLEDの使ってます。

recommend

黒崎えり子のおとなネイル
黒崎えり子のおとなネイル (JUGEMレビュー »)
黒崎 えり子
えり子さんくらいなりてー。

recommend

recommend

recommend

紅色の夢
紅色の夢 (JUGEMレビュー »)
花村 萬月
萬月で最近はまった一冊。

recommend

皆月
皆月 (JUGEMレビュー »)
花村 萬月
萬月を知ったきっかけの映画「皆月」を観た後にはじめて読んだ一冊。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM